債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理とヤミ金の存在

債務整理の相談に来る人を見てみると、多重債務状態に陥っているケースは少なくありません。まじめな性格の人が多く「借りたお金はどのような手段を使っても返済しないといけない」と思っている傾向があります。このため自分でお金の用意ができないのであれば、他から借りて返済することをしてしまうのです。借入先が増えるとキャッシングの審査も厳しくなります。そんな人に「ほかで融資を断られた人でもお金を貸しますよ」と甘い言葉をささやかれるとついついそちらになびいてしまう人も出てきます。これがヤミ金の怖さです。

ヤミ金の怖いところは、法律を無視した高利にあります。通常であればどんな消費者金融でも、年利は20%としています。ところがヤミ金業者の場合、一般的なところでトイチと言われているほどです。トイチとは10日で1割利息がかかるということで、もし10万円借金をすると10日で1万円が利息だけでもかかってしまいます。トイチどころかヤミ金の中には、トサンとかトゴといったところもあります。さらにシュウサンと言って、1週間経過すると3割利息が付くといったとんでもない暴利で借金の取り立てを行っているところもあるといいます。

このような条件でお金を借りると、借金が雪だるま式に膨らみます。期日通りに返済をしても借金が増えることもありうるほどです。中には返済期日までに返済できないと上で紹介した暴利プラス延滞金まで請求してくるところも見られます。このため、1年間返済ができずに放置をすると、数万円の借金が利息もプラスして億単位の債務になることだってあり得ます。

ヤミ金に手を出しても何とか返済できると思っている人もいるようです。「数万円なら何とかなるだろう」ということかもしれません。しかし上で紹介したように、ヤミ金に手を出したら最後だと思います。ヤミ金で借金をしてしまった、できることならその前の段階で弁護士に相談して債務整理も検討してみるべきでしょう。