債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理と家賃の滞納

借金が返済できない以外にも、家賃の滞納を抱えている人は債務整理の中でも自己破産による問題解決を検討するのも良いかもしれません。もし自己破産申請をして免責が決定すれば、滞納している家賃の支払い義務がなくなります。しかしもし家賃の滞納をチャラにするために自己破産手続きをしようと考えているのなら、注意しなければならないことも出てきます。

まずは強制退去の可能性です。家賃の滞納はなかったことになるかもしれませんが、おそらくその部屋は出ていかざるを得なくなると思います。皆さんが入居した時に交わした賃貸契約を見てみましょう。おそらく家賃の未払いが継続的になった場合には契約を解除することができるといったことが書かれていると思います。家賃を支払わずにしかも踏み倒してしまったわけですから、その部屋に引き続き住める可能性は限りなくゼロに近いと思ってください。

自己破産申請をして、必ずしも免責されかというと、そうではありません。免責不許可事由もいくつかあります。その中の一つに、債権者側の一部に返済してしまうことが挙げられます。一部の債権者側には返済をして、他の借金は踏み倒そうというのは公平性に欠けます。そのようなことにならないための措置です。

しかし例えば家賃を滞納していて自己破産申請をしたとします。この間、家賃の支払いをしたとしても自己破産の免責を受けることは可能だと思います。家賃をはじめとした賃料の支払いは必要不可欠な支払いとして裁判所も認めているからです。自己破産手続きをしているから家賃の支払いができないといったことはあり得ません。

このような自己破産をする場合の注意点に関しても、弁護士や司法書士に相談をすればいろいろとアドバイスしてくれるはずです。また本人は自己破産でしか借金解決の道がないと思っていても、専門家からすれば別の方法で問題解決できる可能性も残されます。ですからまずは弁護士や司法書士に相談して、自分の場合どの債務整理の方法で問題解決するのがベストかを考えましょう。

詳細はこちらへ>>債務整理の弁護士費用について

今こそ知っておきたいシャンプーの効果

シャンプーの効果と種類

スーパーやコンビニの日用品コーナーへ行くと、ありとあらゆる種類のシャンプーが販売しています。シャンプーには大きく3つの種類があります。一つは高級アルコール系シャンプーです。市販されている大部分はこの種類になります。二つ目は石鹸系シャンプーです。古くからある石鹸を使用しており自然志向と言えます。三つ目はアミノ酸系シャンプーです。美容室のサロンや頭皮に悩んでいる方向けのシャンプーです。このようにシャンプーひとつとっても様々な種類があります。

それぞれの特徴と注意点

3つの種類にはそれぞれ特徴があります。まず高級アルコール系は私たちが一番目にする機会が多いシャンプーです。洗浄力が高く泡もよく立ちますが、髪の毛に刺激が強すぎるのが欠点です。普通の人には問題ありませんが、AGAなど髪の毛に悩みを抱えている方は注意が必要です。石鹸系は刺激は強くありませんが、皮脂を余分に取り過ぎてしまう欠点があります。また、アミノ酸系は低刺激で頭皮に優しい素材ですが洗浄力はほかの2つと比べると弱いです。

髪の毛で悩んでいる方へ

最近は中高年の男性のAGAであったり女性の薄毛などの悩みを持つ方が増加しています。その中で育毛シャンプーを使用して予防する人も多く見られます。しかし、そもそもシャンプーは髪の毛を洗浄することが目的であり決して髪の毛が生えるというわけではありません。また、シャンプーによっては髪の毛を痛めてしまう危険性もあります。AGAなどの悩みがある場合は、シャンプーなどには頼らず専門機関などで治療するのが一番良い方法です。

まとめ

シャンプーは市販されているものも含め、3つの種類に分けることが出来ます。それぞれ洗浄力や刺激の点で特徴があります。最近ではAGAなどで悩む人が育毛シャンプーを使用するケースがありますが、シャンプー自体に発毛の効果はないのでご注意ください。

もっと詳しく>>agaクリニックの評判