債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

過払い金請求に詐欺があるの?

過払い金が発生していれば、債務者は債権者側に返還請求できます。債権者側もヤミ金のような悪質な業者でもない限り、返還請求には応じてくれる可能性は高いです。人によっては何十万円とか何百万円といったお金が動くこともあります。そこで過払い金請求を出しに使った詐欺被害なども報告されているので注意しましょう。ここではその中でも有名な手口に関して、いくつかピックアップしたいと思います。

過払い金の返還請求をする代理人ですが弁護士もしくは司法書士の資格を持っている人でないとできません。また弁護士事務所や司法書士事務所以外は、過払い金や債務整理の相談も受けられない決まりになっています。もし法律事務所ではない所から、「過払い金返還請求しませんか?」といった勧誘の電話がかかってきた場合、詐欺の可能性が高いと思った方がいいでしょう。「会計事務所」とか「NPO法人」などを名乗っている場合が多く、一見もっともらしい事務所な感じがするので、コロッと騙されてしまう人も多いです。

ではどのようにして利益をあげているかですが、紹介屋と呼ばれる行為によります。紹介屋とは、自分たちでは先ほども見たように過払い金の返還請求はできません。そこで弁護士や司法書士と裏でつながってクライアントを紹介します。そしてバックマージンをもらうことで、利益を得ているわけです。バックマージンということは、皆さんが本来受け取るべき過払い金がその分減ります。弁護士や司法書士の先生以外には過払い金や債務整理の相談はできないと覚えておけば、被害に遭うリスクも少ないと思います。

通常債務整理や過払い金の返還請求は、こちらから弁護士なり司法書士なりに相談するのが一般的です。ところが「あなたに過払い金の発生していることが分かったので返還請求しませんか?」と電話などで向こうから勧誘してくることがあると言います。これは消費者金融の顧客リストが闇で出回っているからだと思います。このような勧誘にも決して乗らないようにしましょう。

治らないという思い込みを捨てよう

治るケースの薄毛もある

薄毛は男性特有の症状です。女性も加齢とともに髪の毛が抜けて薄くなることもありますが男性のほうが顕著です。しかしだからといって諦めてしまうのは尚早です。 というのも、男性の薄毛は治るケースもあるということが判明しているからで、この治るケースの薄毛をAGAと言います。 AGAの読みはエージーエー、男性型脱毛症を意味するAndrogenetic Alopeciaの略称です。 治らないと思うから諦めてしまう、けれど、治るのであれば諦めずに済みます。

髪の毛のサイクルの乱れ

まず、髪の毛にはサイクルがあり、健康な髪の毛でも一定期間経過すると抜け落ちます。ところが、このサイクルが乱れて髪の毛が成長し切る前に抜けるようになると部分的あるいは全体的に薄毛になっていってしまいます。この原因はジヒドロテストステロン(DHT)という物質の濃度が高くなっているせいだと明らかになってきました。 ただ、DHTが原因であれば、進行は早くありません。むしろゆっくりと進行するのが特徴的です。言い換えれば、急激にごっそり抜けるなどしていないなら治る可能性が高いということなのです。

進行パターンは3つ

さて、AGAの進行にはパターンがあります。大きく分けて、頭頂部から、額の生え際から、前頭部からの3パターンです。 このパターンに当てはまっているなら、AGAであるつまり治る見込みがありますし、男性の薄毛の大半はこのパターンですから、多くの男性が希望を持てると言えます。 しかしながら、AGAはゆっくりとけれど確実に進行するため、一日も早く治療を始めることが大切です。市販の育毛剤や養毛剤に頼るよりは、病院を受診するべきなのです。 薄毛の治療は恥ずかしいことではありません。AGAの治療を行っている病院へ足を運んでみてください。

まとめ

薄毛というと治らないという認識が根強くあるが実は近年では治るケースもあるということが判明し、その治るケースことAGAは進行が遅く、進行にパターンがあることが判明している。もしかしてと思ったら一日も早く病院へ。

もっと詳しく>>aga治療の効果