債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

過払い金の消滅時効が迫っている人の対策

過去に消費者金融でお金を借りたことのある人の中には、もしかすると違法な金利で利息の支払いをしていた方もいると思います。もし違法金利で利息の支払いをしていればその部分は過払い金となって、返還を債権者側に請求することができます。ところでこの過払い金請求ですが、消滅時効と言って、完済から10年以上経過するとできなくなってしまいます。もし消滅時効が近づいているのであれば、時効を止める方法を模索しましょう。

まず裁判上の請求をしてしまう方法があります。提訴はもちろんのこと、民事調停の申し立てをするとか、支払い督促をするなど何らかのアクションを裁判所で行うことです。そうすれば、時効期間の進行を停止して、振り出しに戻すことができます。時効にならないようにするためには、裁判上の手続きを進めるのが有効な方法といえます。

しかしこのような裁判上の請求をするためには、準備するために一定の時間がどうしても必要です。しかしもう目の前に消滅時効が迫っている場合、どのようなまどろっこしいことはできないかもしれません。その場合に最終手段として、催告の活用があります。催告とは、過払い金の返還請求をする意思を表示することでこれを行えば、とりあえず消滅時効を従来よりも半年延長させることができます。いったん催告をして消滅時効を伸ばし、その間に先ほど紹介した裁判上の請求を行えば、消滅時効を迎えるのを回避できます。

催告を行う場合には、着実に送付したことを客観的に証明できるように、内容証明郵便などを使うのが一般的です。このように消滅時効が迫っていても、過払い金請求の権利を失わない方法はいろいろとあります。このような過払い金の返還請求のテクニックは、債務整理などの借金問題を専門に行っている弁護士や司法書士であれば、いろいろと知っているはずです。時間がないと思ってあきらめるのではなく、自分の権利を行使できるため、弁護士や司法書士に相談することは大事だと思います。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の口コミランキング|おすすめの法律事務所の弁護士費用

AGAとはどういうものか

抜け方には特徴がある

身体に関する悩みのうち、特に成人男性に多いのが頭髪に関する悩みです。 中年期以降になると、多くの男性が抜け毛や薄毛を経験します。進行パターンは人それぞれですが、多いのは前額部の生え際と頭頂部の毛が順次あるいは同時に抜け始め、徐々に薄くなっていくというものです。生え際はやがてM字型に後退して頭頂部の薄毛地帯に達し、最終的には禿頭となります。速度はゆっくりですが、確実に進行するという特徴があります。 このような現象を男性型脱毛症、あるいはアルファベットの頭文字をとってAGAといいます。

原因物質は男性ホルモン

AGAの原因についてはいまだ不明な点が多く、遺伝や環境などさまざまな要因が取りざたされています。ただ、発生のメカニズムについてはある程度解明が進んでいます。 AGAを引き起こす原因物質だとされているのが、ジヒドテストステロンという男性ホルモンの一種です。この物質は体内での量が増えると発毛をつかさどる細胞組織に働きかけ、毛の成長を抑制してしまうという作用を持っています。これにより、毛が十分成長しきらないまま抜けてしまうのです。

薬物療法で改善も可能

AGAを改善するには、以前は頭皮をマッサージしたり生薬配合の育毛剤を使用したりといった民間療法によるしか手段がありませんでした。もちろんこれらの方法は今でも一定の効能を認めている人が少なくありませんが、ただし効果に個人差が大きいという課題があります。 これに対し、2000年代以降は国の承認を受けた医薬品による治療が導入されています。皮膚科等のクリニックや総合病院の脱毛外来といった医療機関を受診すれば、それぞれの状態に応じた治療が受けられます。

まとめ

成人男性が主として中年期以降に経験する抜け毛・薄毛現象のことを男性型脱毛症、通称AGAといいます。この現象はジヒドテストステロンという男性ホルモンの働きによるもので、現在では国の承認薬による治療が行われています。

もっと詳しく>>agaの効果