債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

過払い金で必要な書類は

過払い金請求したいけれども、契約書や明細、領収書をなくしてしまったという人もいるでしょう。しかし過払い金の請求は、そのような書類がなくても手続きすることは可能です。簡単に言えば、どこでお金を借りたのか、貸金業者の会社の名前さえ分かっていれば、手続きはできると思います。中には昔のことだからその会社がなくなっているかもしれない、社名が変わっているかもしれないという人もいるでしょう。しかし債務問題専門で業務をしている専門家であれば、その社名は現在のどの消費者金融かはきちんと把握しています。

最近ではカードローンといって、ローンカードを使ってATMなどで借り入れや返済の取引をすることが多いと思います。前に借金をしてその後一切その貸金業者を利用していなくて、ローンカードをなくして手元にないという人もいるでしょう。ローンカードがなかったとしても、過払い金の返還請求はできるので心配する必要はありません。

過払い金返還請求をするにあたって、必要な書類は2つだけだと思って下さい。それは印鑑と身分証明書です。ちなみに印鑑ですが実印である必要は必ずしもなく、認印でも手続きはできます。あとはカードや領収書などの資料が一切のこっていなくても問題なく手続きができます。ただしカードや資料が一部でも残っていると、過払い金がより早く手元に戻ってくる可能性も高まります。できればいろいろと資料を残しておいた方がいいでしょう。

弁護士や司法書士は債権者に対して、取引履歴の開示請求ができます。もし弁護士や司法書士が開示請求をすれば、ほぼ確実に債権者が応じるはずです。取引履歴にはいつ借り入れをして返済をいつしたか、その時利息をいくら支払ったか、もし残債のある場合にはいくら借金が残っているかなど、借金のことに関して事細かに記録してあります。この取引履歴をチェックすれば、皆さんに過払い金がいくら発生しているかはわかります。もし過払い金が気になるのなら、とりあえず専門家に相談した方が良いと思います。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の口コミランキング|おすすめの法律事務所の弁護士費用

男性特有の悩みを改善

成人男性に見られる毛髪の特徴

成人男性によく見られる髪が薄くなる状態や、生え際や頭頂部が薄くなる状態は、男性型脱毛症の可能性があります。別名をAGAと呼び、主な原因として考えられるのが遺伝と男性ホルモンの影響です。抜け毛や薄毛が進行するとハゲが目立つようになるため、早期発見と早期解決が必要です。ただ毎日鏡を見ていても分かるものでは無く、家族や身近な人に指摘されてはじめて気づく場合もあります。毛の後退は徐々に進行していくため、気付きにくいです。

進行と進行パターンについて

AGAは何らかのケアを行えば進行を食い止められますが、放置して過ぎていくと5年後には見た目が大きく変わります。髪の毛が生えていた部分が少しずつ狭くなり、次第に地肌が見えるようになります。5年の間に数百本は抜け落ちるため、早めのケアが大切です。進行パターンは3つあります。それは額の生え際から後退していくタイプと、頭頂部から薄毛になるタイプ、そして混合タイプです。それぞれに合った方法でAGA治療を行います。

抜け毛や薄毛となる原因

AGAの原因として考えられるのは、ジヒドロテストステロンが高濃度に見られる事です。脱毛部を詳しく調べた結果に導き出された答えであり、ヘアサイクルの時間を短くしている要因として考えられます。髪の毛の生え変わりには、ある程度のサイクルが必要になります。髪の毛育成に大切な時期にも関わらず、サイクルが乱れてしまうと毛髪の成長に影響を与えます。太く成長する前に抜け落ちてしまった毛は、細く短い毛となり薄毛が目立つようになります。

まとめ

成人男性に多く見られる額の生え際後退や、頭頂部の薄毛はAGAと呼びます。AGAは放置すると次第に薄毛になっていくため、早期対処が必要です。また進行にはパターンと原因があるため、慎重に見極めながら最適な治療を受けると良いです。

もっと詳しく>>AGAの効果について