債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

過払い金のある人が故人の場合どうする?

自分の両親が過去に消費者金融で借金をしていたとします。もしかすると昔の取引であれば、過払い金が発生している可能性が出てきます。過払い金ですが両親がなくなってしまっている場合、その請求権は子どもたちなどの相続人に引き継がれます。もし相続人がいれば、その人が消費者金融側に過払い金の返還請求が行えます。

ちなみに相続とは、不動産や預金などプラスの遺産の他に借金などのマイナスの遺産も相続しなければなりません。もし両親が亡くなった時点で完済できていない借金があったとします。その場合、相続には引き続きお金を返済していかないといけません。ただし相続放棄の手続きを裁判所で行えば、貯金や不動産なども放棄する代わりに借金の返済義務も免除されます。

ここで厄介なのは、昔からの借金で債務と過払い金のどちらの方が大きいかです。債務が大きければ返済し続けないといけませんし債務整理扱いされて、ブラックリストに載ってしまうかもしれません。しかしもし過払い金の方が大きければ、思わぬお金を手に入れられるかもしれません。まずは弁護士や司法書士に依頼して、速やかに過払い金がどの程度あるのか、利息の引き直し計算をすることをお勧めします。

債務者本人が過払い金請求する場合には、印鑑と身分証明書があれば手続きできると思います。しかし相続人が故人の代わりに過払い金の返還請求をする場合、相続関係を実証できるような書類を準備する必要があります。故人の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本や相続関係を説明するための書類が少なくても必要です。また複数の相続人がいる場合には、遺産分割協議書やすべての相続人のその時点における戸籍抄本、印鑑証明書などを集めて過払い金の返還請求を行います。そのほかにもケースバイケースで追加にて必要書類の発生することもあると思います。弁護士や司法書士に相談すれば、事務所の方で必要な書類を準備して、スムーズに手続きを進めてくれるでしょう。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の口コミランキング|おすすめの法律事務所の弁護士費用

借りたい時に借り入れできる金融サービス

条件を満たせば誰でも利用可能

大手銀行も参入している消費者金融サービスは、条件を満たせば誰でも利用する事が出来ます。借り入れに必要な条件とは、毎月一定の収入がある事です。この条件ならバイトやパート、契約社員や派遣も気軽に利用する事が出来ます。また少額融資が可能なため、数万円といった少額でも利用できます。ローンとして利用する人も多く車や高額な趣味、リフォームや学資としても利用可能です。目的に合わせて金額が決められるため利便性があります。

サービスの申し込み方法

消費者金融サービスの申し込み方法は店舗来店と電話、書面とネットがあります。店舗来店は窓口と自動機で申し込めます。自動機の場合は指示に従って進めていくので、スムーズに契約できます。また自動機は全国各地にあり、長時間運営しているため、時間に余裕を持って利用できます。電話の場合はオペレーターと直接やり取りが出来ます。分からない点や質問がある場合はこの方法が便利です。ネットの場合は入力フォームに沿って記入します。申し込み書と書類を送信するだけで審査に入ります。

ネット申し込みによる審査

ネット申し込みの場合、即日融資を受けるには平日の決められた時間内に、全ての作業を完了している必要があります。書類不備や少しでも遅れると審査は翌日となるため、この点に気を付けると良いです。審査に無事通過し借り入れ許可が下りると、その日のうちに借り入れできます。利用限度額内であれば月に何度も借り入れできるため、融通が利きます。翌日から返済が始まりますが、借りる時と同様に計画的に進めていく必要があります。

まとめ

消費者金融は条件を満たせば誰もが利用できるサービスであり、目的別に選択できます。申し込み方法は様々ありますが、ネット申し込みであれば即日借り入れが可能です。利用限度額内であれば何度も借り入れする事ができます。

詳細はこちらへ>>消費者金融の比較ランキング|口コミ、評判などをチェック

進行性がある脱毛症状

進行性がある脱毛タイプのひとつ

「AGA」とは、男性型脱毛症を意味する言葉であり、Androgenetic Alopeciaの略称です。主に、30代〜50代の成人・中年男性に多々みられる症状であり、髪の毛が薄くなる状態のことを言います。男性の抜け毛や薄毛が全てAGAに該当すると言うわけではなく、あくまでも脱毛タイプのひとつとして考えられています。放っておくと症状は進行し、髪の毛が抜けて薄毛が目立つようになるため、なるべく早めにケアや対策を施すことが大切です。

脱毛のパターンと特徴

AGAには、いくつか脱毛の進行パターンがあり、それぞれに特徴がみられます。代表的な脱毛の進行パターンとしては、頭頂部から薄くなっていくタイプ・額の生え際から進行していくタイプ・前頭部から薄毛になっていくタイプが挙げられます。脱毛のパターンは、1つだけの場合もあれば、人によってパターンが混合しているケースもあると言います。また、程度に個人差があるものの、比較的ゆっくり進行する傾向にあります。20代後半〜30代半ばでの発症が多くみられますが、早い人では10代のうちに症状が現れる場合もあると言われています。

AGAの発症原因と治療方法

AGAの発症原因としては、遺伝・男性ホルモンが影響していると言います。更に、近年では食事や生活習慣、ストレスなども発症原因に大きく関わっていると考えられています。毛髪1本1本にはそれぞれ毛周期があり、髪の毛が生え成長したら抜けると言うサイクルを同じ毛根で繰り返しています。そのため、シャンプーの際または枕元にある抜け毛は気にする必要は無いと言います。ただ、正常な毛周期が乱れてしまうと、毛髪の寿命は縮み成長も止まってしまうのです。AGAの主な治療方法は、服薬と外用薬の塗布ですが、他にも毛髪再生メソセラピーやHARGなど新しい治療方法が登場しています。

まとめ

男性型脱毛症を意味する「AGA」は、成人男性に多々みられる進行性がある薄毛の症状です。遺伝・男性ホルモン・食事や生活習慣・ストレスなどが発症に大きく影響していると考えられています。主な治療方法は服薬と外用薬の塗布であり、毛髪再生メソセラピーやHARGなどの新しい治療方法も登場しています。

もっと詳しく>>AGA治療の効果について