債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理の自己破産とマイカー

債務整理の中の一つに、自己破産があります。自己破産では、とりあえず価値のある財産はすべて債権者側に処分して、それでも残った借金はすべてチャラになります。通常自己破産をする場合、マイホームやマイカーのような換金価値のあるものは債権者側に渡さないといけなくなると思ってください。しかしマイカーに関しては、一部例外もあります。

基本的に20万円までの換金価値しかないものに関しては、債権者側への処分の対象外になります。低年式や過走行距離ですでに20万円以下の価値しかないマイカーであれば、処分をする必要はありません。そこでまずマイカーがどのくらいの価値があるのか、買取り業者などに査定に出してみることです。3社以上に見積りをしてもらって、いずれも20万円以下の価値しかないと判断されれば、自己破産をしてもマイカーは取られないかもしれません。

また20万円を超える価値がマイカーにあった場合でも、マイカーを債権者側に渡さない方法もあります。それが家族や友人など自分の身の回りの人に、マイカーを売却してしまう方法です。一般的に買取業者の提示する査定金額は、市場価格の半額くらいが相場とされています。この程度の価格で友人や家族に売却をすれば、資産隠ぺいなどにも当たらないと思います。そしてその売却益を債権者側に提示すれば、問題はないでしょう。

また自分の知っている人に愛車を売却すれば、自動車の運転の必要な時に借りてドライブすることもできます。自己破産で免責決定の通知を受けた後で給料などの収入があったとします。この収入は借金がチャラになった以上債権者から差し押さえなどの強制執行をされることもないです。たとえば給料を貯蓄して、マイカーを売った人にその買い戻しをすることもできるかもしれません。このように少し工夫をすれば、マイカーをとられることなく自己破産の手続きを進めることは可能です。もしマイカーを手放したくないのなら、弁護士や司法書士に相談して、善後策のアドバイスをもらうことです。

詳細はこちらへ>>債務整理をする弁護士の評判 法律事務所の費用ランキング