債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理の前に過払い金発生の目安は?

消費者金融では長いこと、利息制限法を超え出資法未満というグレーゾーン金利で利息の取り立てを行っていました。しかし平成18年の最高裁判所の判例によって、グレーゾーン金利を実質違法金利であると認めました。消費者金融の中には、平成19年には利息制限法で認められている上限金利に変更しています。しかし消費者金融の多数は平成22年6月に行われた貸金業法改正のときに変更をしているようです。

よって平成18年以前に借り入れをして返済を続けている人の場合、消費者金融が債権者であれば確実に過払い金は発生していると言って良いでしょう。また平成22年以前に借金をしたことのある人も、かなりの確率で過払い金の発生している可能性は高いと思います。以上の条件に該当する人がいれば、弁護士や司法書士にお願いして、利息の引き直し計算をして過払い金が発生していないかどうか確認をしておきましょう。

もし過払い金が発生しているとして、どの程度お金が戻ってくるのでしょうか?ちなみにグレーゾーン金利による取り立てが5年間くらいであれば、20~50万円程度発生している可能性があります。10年になると50万~150万円程度あるかもしれません。もちろんどの程度の借入額であったかによって変わってきます。しかし何十万円、ヘタすると何百万円単位で過払い金の発生している可能性もあるわけです。

ちなみに消費者金融の他にも、クレジットカード会社でも債務整理をしてみた結果、過払い金が発生している場合もあります。消費者金融と比較すれば、違法な金利の度合いは低い傾向が見られます。しかしそれでも実際にあったケースの中では10~15年程度違法金利による支払いをしていれば、何十万円単位の過払い金の発生している可能性は十分考えられます。

過払い金を請求するには期限があります。最後の取引から10年以上経過すると請求権そのものが失効してしまいます。そこで昔お金を借りたことのある人は、一度過払い金がないかどうか確認するだけしてみると良いでしょう。

詳細はこちらへ>>過払い金請求の口コミランキング|おすすめの法律事務所の弁護士費用

AGAについて説明します

AGAの発症が広がっています

人類は進化の過程で、体毛の多くを失ってきました。現在では、頭部等の一部の身体部位にしか、豊富には残っていません。したがって、頭髪が減少しても、基本的に生命活動に対する不都合はありません。ただし、社会的な美容上の評価として、悪影響を及ぼすことが少なくありません。従来は男性を中心として、加齢と共に減少するイメージがありました。しかし、近年はAGAによる発症が増えていて、若年期から頭髪の減少に悩む人口が増えています。

様々な原因で発症に繋がります

頭髪の成長システムには、身体内部で作用している男性ホルモンと呼ばれる内分泌物質が緊密に関係していることが科学的に解明されています。したがって、ホルモンバランスが正常であれば、AGAに発症する可能性は極めて低くなります。しかし、ライフスタイルが多様化したことで、食事内容の偏りやアルコールの過剰摂取、睡眠不足等が原因で、頭髪の成長を阻害する頻度が増えています。原因は様々ですが、血流を悪化させる可能性が高い点が共通しています。

育毛剤でAGAの改善は可能です

したがって、AGAを改善させることは、原因を取り除いて正常な身体バランスを回復させることが最も大切になります。ただし、身に付いている生活習慣を変化させることは、簡単なことではありません。一方で、近年は発症者の増加に伴って、育毛効果のある化学成分が数多く開発されています。そのため、生活習慣の改善に努めながら、育毛剤等を利用することで症状を好転させることに効果を上げています。適切な対処は可能なので、不安を感じないことが大切です。

まとめ

頭髪の減少は生命活動上の支障はありませんが、社会的には不具合の多い症状です。男性を中心として加齢と共に減少が進みやすい一方で、AGAは若年期から発症します。生活習慣の変化が大きな要因ですから、取り除けば改善できます。しかし、簡単ではありませんから、育毛剤の活用が効果を上げています。

もっと詳しく>>AGAクリニックの効果について