債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理の相談をする前の準備

借金が全然減らなくて債務整理で問題の解決をしようと思っているのなら、ファーストステップは弁護士や司法書士などの専門家への相談になると思います。弁護士や司法書士に相談をする場合、大体相談時間は30分などと制限があります。その中で聞きたいことをきちんと確認したいのなら、事前に準備をしておくことが大事です。少なくても以下で紹介する情報は整理して、スムーズに相手に伝えられるように準備しておいた方が良いと思います。

詳細はこちらへ>>債務整理|弁護士の評判について

まずは皆さんの資産状況に関してです。職業や収入状況、ボーナスはどの程度出ているのか、本業以外に副収入があればそのことも伝える必要があります。財産に関しては例えば持ち家があるとかマイカーを持っているかどうか、普通預金と定期預金がどのようになっているのか、さらに積立型の保険に加入している場合、解約返戻金がどの程度発生するのかも把握しておくと良いでしょう。持ち家やマイカーの場合、住宅ローンやオートローンを使って購入している人もいるでしょう。残債があれば、どの程度残金があるのかも確認しておきましょう。

そして借入先の情報をすべてまとめておくことです。どこから借り入れを行っているのか、金利はいくらで月々いくら返済しているのか、借入額はいくらで残債がどうなっているのか、もしおまとめローンなど借り換えを行っていればその履歴などもまとめておきましょう。

借入先の情報は正確なことがきちんとわからなくても構いません。履歴の開示請求が弁護士や司法書士にはできるので、借入先から直接情報を入手できるからです。しかし相談するときにできるだけ詳しい情報が弁護士や司法書士の手元にあると、債務整理の中でも任意整理が良いのか個人再生が良いのかなどの判断も適切にできるようになります。特に複数の借入先を抱えている人の中には、自分の債務の状況をきちんと把握していない人も多いです。現状を確認するためにも、債務と財産の情報を相談前にまとめるのは良いと思います。

AGAの症状と原因、改善方法

AGAとは何か、かかりやすい人は

AGAとは正式名称がAndrogenetic Alopeciaと言い、日本語訳では男性型脱毛症のことを指します。 名前の通り男性に多い症状ですが、男性だけがかかる症状ではありません。 主に額から後退していくM字型と、最頭部から薄くなっていくO字型があります。 頭皮の薄毛が進行していく症状ですが、病気というわけではありません。 遺伝的なもの、生活習慣の乱れ、ストレスや疲れをため込むなど人によって原因はさまざまです。 特に遺伝的なものが多く、父親が薄毛であると自分もその遺伝を継いでいる可能性があります。 父親が薄毛でなくても子供が薄毛になる場合は祖父からの遺伝を継いでいることも考えられます。

生活習慣における主な原因

遺伝性のほかに生活習慣も密接に関わっています。 睡眠不足、偏った食生活、運動不足、肥満など新陳代謝を低下させる行動は薄毛を進行させます。 新陳代謝が低下すると髪の毛が生成されない、頭皮環境が悪くなるなど健康な発毛サイクルを行なえなくなります。 タバコや飲酒も血流を低下させ頭皮に栄養が運ばれなくなります。 また、ストレスや疲れは新陳代謝を低下させるだけでなく、解消せずたまっていくと他の内臓の機能も低下させます。 そうなると睡眠中には体の大事な部分から回復、修復をしていくため頭皮は後回しとなってしまいます。

まずは生活習慣の改善から

もし上記に当てはまる行動があれば改善していきましょう。 特に食生活は動物性たんぱく質ばかり取っていると薄毛になりやすく、植物性たんぱく質も積極的に取ることが求められます。 大豆食品を献立に取り入れたり、頭皮に良い食品を一品だけでも追加するだけで違ってきます。糖質や脂肪を控え、カロリーも抑えましょう。 そのほかにも頭皮マッサージ、育毛剤や発毛剤、枕カバーはこまめに変えるなど頭皮を清潔な状態に保つことも大事です。

まとめ

生活習慣を変えれば改善していくことはありますが、一時的な行動ではなく長期的に毎日続けていく必要があります。 体質改善には時間がかかりますが、毎日の努力によって健康な頭皮と髪の毛を再生します。 それでもだめなときはAGA治療のカウンセリングに行ったり、発毛剤を使ってみましょう。

もっと詳しく>>AGAの治療効果について