債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理で自己破産すると海外旅行ができない?

自己破産に関して債務整理の中でも広く知られている手法なので、都市伝説とも言えるようないろいろなうわさが出てきます。その中でもしばしばいわれるのが、「自己破産をすると海外旅行が自由にできない」というものです。自己破産者は国にマークされてしまうからといった理由も付けられて紹介されていることもあるみたいです。しかし結論から言いますが、そのようなことはあり得ません。

なぜこのような話が広まってしまったかですが、自己破産の2ステップが関係していると思います。自己破産の手続きの中ではまず破産宣告があって、その次に免責が許可されるという流れになります。免責の許可が下りたところで初めて借金はチャラになるわけです。ちなみに20万円を超える財産を持っている場合、債権者にそれを分配する必要があります。分配をする作業のことを管財と言います。

管財には数か月間を要するのですが、この期間中に海外旅行をすることは可能です。ただし裁判所に申請をして、海外渡航の許可をもらわないといけません。このような手続きが必要なことが拡大解釈されるようになって、「破産申請すると海外旅行もできなくなる」という話に膨らんでいったと思われます。ちなみに正式な手続きをきちんと取れば、海外旅行に行く許可は比較的簡単におります。手続きがやや面倒にはなるものの、従来通り世界中を自由に移動できると思います。

ちなみに管財で財産を債権者に分配して、免責決定が下りれば、いちいち裁判所に海外旅行の許可をもらう必要はなくなります。ちなみに20万円までの財産を持ち合わせていない人の場合、同時廃止と言って管財の作業を省略できます。このため同時廃止になれば、海外旅行には裁判所の許可なしで普通の人と同じように自由にできます。自己破産をする人の中で管財事件になるのは1割程度と言われています。ですからほとんどの人は従来通り自由に海外旅行できると思ってもらって構わないでしょう。