債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理の相談は複数の事務所で

セカンドオピニオンという言葉を聞いたことはありませんか?医療の世界で使われる言葉で、一つの医者の診断だけを信じるのではなく、他の医者の意見もきいて自分で治療方針を決める方法です。ある医者が「手術をしないと治らない」という病気があったとして、他の医者に聞くと「メスを入れなくても治療できる」と答えられるケースも考えられます。実は債務整理に関しても、セカンドオピニオンを取り入れた方が良いといわれています。

借金問題を専門的に取り扱っている弁護士や司法書士の間でも、どの手法を使って債務整理を行うか、人によって判断の分かれるケースもあります。ある人は「自己破産しか方法はない」と言ってもほかの弁護士に相談したところ「自己破産以外の方法でも問題解決できる」ということもあるかもしれません。ですから債務整理について弁護士や司法書士に相談するときには、複数のところで相談するのがおすすめです。

ではどのくらいの事務所で相談するのが良いのでしょうか?個人的には、弁護士事務所と司法書士事務所2つずつの計4つのところで相談すると良いと思っています。これくらいの選択肢があれば、自分の希望する形の債務整理による借金問題解決の可能性もあるからです。またこれだけの事務所で債務整理に関して説明を受ければ、まったく今まで債務整理に関して知らなかった人でもある程度の知識を得られます。

複数のところで相談するメリットとしてもう一つ、料金もあります。債務整理の費用ですが、事務所によってピンキリです。できるだけ余計な費用をねん出したくなければ、複数の事務所に相談して費用の見積もりを出してもらうことも大事です。先ほど指摘した4社に相談もすれば、大体自分の債務整理にかかる費用の相場も分かってくるでしょう。相談に関してはほとんどの事務所で無料となっていると思います。その意味でも気軽に複数のところに相談できると思います。依頼する候補を最初から1つの法律事務所に絞り込まないように心がけましょう。

詳細はこちらへ>>債務整理のランキングへ