債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

自己破産で債務整理…生活は激変する?

債務整理の中でも比較的一般の方でも広く知られている手法に、自己破産があります。自己破産をすれば、債権者側に身の回りのもの以外の財産をすべて処分します。それでもなお借金が残った場合には、それはチャラになります。今後永久にその返済義務がなくなります。このような手法のため、究極の債務整理と呼ばれることも多いです。

借金問題で自分では解決できないところまで追い詰められている人の中には、自己破産に興味を持っている人もいるでしょう。しかしもし自己破産をするとマイホームを失って、職を失い、家族も離散してしまうのではないかと思っている人もいるでしょう。結論から言いますが、日常生活に大きな変化は自己破産をした後でも生じないと思います。

マイホームを持っている人は、自宅を手放さざるを得なくなります。しかし賃貸暮らしをしている人は、今まで通りそこで生活できると思います。会社をクビにされることもないでしょうから引き続き仕事もできますし、一家がバラバラの状態になることもまずないでしょう。

自己破産をした後で大きく変化することは、2つのことだけでしょう。まずはクレジットカードが使えなくなることです。そして自己破産をして向こう5年間は、新しくクレジットカードを作ることもできなくなります。その他には住宅ローンも当面組めなくなります。住宅ローンの場合、自己破産をしてから10年間は組むことが難しくなると思ってください。

クレジットカードが利用できなくなるのは、カード全盛の現代社会の中でかなりのハンデと感じる人もいるかもしれません。しかし仕事をしていれば給料が入ってきますし、自己破産後は返済の義務もなくなります。給料を差し押さえられることもないですから、しっかりと貯金をしておけばそれほど生活で苦労することもないでしょう。自己破産をすれば、当面は現金決済による生活が待っていると思っておくと良いでしょう。一部破産申請中に資格制限を受けて仕事の出来なくなる人もいますが、免責決定すれば資格を使って再び仕事ができます。