債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理の自己破産、免責不許可になったら?

自己破産は、債務整理の中でもどうやっても返済できない場合、身の回り以外のものを債権者側に処分して残りの返済をチャラにしてもらう方法です。いわば合法的に借金を踏み倒すことのできる債務整理で、究極の方法ともしばしばいわれます。借金をチャラにするためには、破産宣告と免責許可を受けないといけません。しかし人によっては、免責不許可になってしまうこともあります。もし免責不許可になると、借金をチャラにはできなくなります。

免責不許可事由にはいくつか項目がありますが、それを見てもどうしても許可されなかったことに納得できないのであれば抗告ができます。通常地方裁判所で自己破産の審議を実施しますから、その決定に不服がある場合には一つ上の高等裁判所で不服申し立てをする形になると思います。ちなみに高等裁判所に抗告をすれば、許可にひっくりかえる可能性もありますし、逆に地方裁判所の判断を支持することも考えられます。

もしいろいろとやっても免責が下りなかった場合には、債権者側と交渉という形になるでしょう。そもそも債務者側は破産申し立てをしている状況ですから、金銭的にかなりひっ迫していることは債権者側でも理解しているはずです。このため、よほどのことでもない限り、交渉のテーブルに債権者側も付くと思います。そして債務を減額してもらって、返済できる範囲でお金を返していく形になるでしょう。自己破産申し立て後の交渉では、債務額の2割前後の返済で許されるケースも往々にしてあります。

この減額後のお金を完済したところで、裁判所で復権の申し立てを行います。そうすると残りの債務に関しては免責という流れになるでしょう。このようにもし自己破産申請をして免責不許可になったとしても救済策はいろいろとあります。借金問題を専門的に請け負っている弁護士や司法書士であれば、この辺の事情にも精通しているはずです。まずは専門家に相談して、どのように対処すればいいかを相談してみると良いと思います。