債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

クレジットカードの債務整理について

債務整理と言われると、どうしても貸金業者からの借金だけが対象だと思ってしまう人も多いようです。しかし債務整理の対象はローンだけでなく、例えばクレジットカードのショッピング代金やキャッシングなども含めることが可能です。もしクレジットカードの代金やキャッシングが返済の負担になっているようであれば、債務整理をして負担を軽減することも一つの手であるといえなくもありません。

ではどのような交渉ができるかですが、キャッシングもショッピングも基本的には一緒です。「このままの条件で返済を続けていくことは難しいので条件を無理なく返済できるものに変更できませんか?」という交渉になると思います。ショッピングの中でもたとえばリボ払いのように毎月定額を支払っている人もいるでしょう。このようなリボ払いのケースでも、毎月の返済額を下げて返済期間を延ばすとか通常ついている手数料を無くすといった条件交渉をすることはできます。

クレジットカード会社の中でも少し前まで、グレーゾーン金利を採用していたところがあります。もし利息の引き直し計算の結果過払い金が発生しているようであれば、その返還請求することも可能です。ちなみにこの過払い金請求ですが、キャッシングに関しては可能ですが、ショッピングは請求の対象外になりますので注意しましょう。

クレジットカードを債務整理の対象にした場合、そのクレジットカードはそれ以上利用できなくなることは覚悟しておいた方が良いでしょう。中にはキャッシングの返済が厳しいので、ショッピング枠は外してキャッシング枠だけの債務整理をしたいと思う人もいるでしょう。そうすれば、ショッピング枠は残るのではないかというわけです。しかしキャッシング枠とショッピング枠を分離して債務整理することはさすがに認められていません。キャッシングを債務整理したければ、ショッピング枠もすべて対象になると思ってください。このようなことを理解した上で、クレジットカードを債務整理の対象にするかどうか考えてみましょう。