債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

クレジットカード現金化と債務整理

クレジットカードの現金化と言う言葉を聞いたことはありませんか?クレジットカードには一定の枠内であればカードを使って自由に買い物できるショッピング枠があります。このショッピング枠を使って家電など、換金価値のあるものを購入します。そして業者に売却することで、現金を手にできるシステムです。結論から言いますが、クレジットカードの現金化は絶対に利用しないことです。

クレジットカードの利用規約を確認してほしいのですが、このような現金化は禁止と明記されているはずです。もしそれでも現金化をすれば規約違反で強制退会はもちろんのこと、ヘタすると詐欺や横領のような法律に抵触する可能性すら出てきます。クレジットカード現金化の業者の中には、不当景品類及び不当表示禁止法には抵触しないとホームページなどで書いているケースもありますが、実際には違法行為の可能性もあります。

もしクレジットカード現金化を利用したことがあると、債務整理に制約が加わる可能性が出てきます。具体的には、究極の債務整理と言われる自己破産ができなくなるかもしれません。自己破産には免責不許可事由がいくつかあります。その中では明記されているわけではないのですが、クレジットカードの現金化を利用して、免責不許可にされてしまった事案も実在するそうです。お金に困っていると手元にあるクレジットカードで現金を確保できるといわれて、ついそれに飛びつきたくなるかもしれません。しかし後々このように厄介なことになるので、どんなに金銭的に苦しくてもクレジットカードの現金化は利用すべきではないと思います。

中にはすでにクレジットカードの現金化を利用してしまったという人もいるでしょう。その場合には債務整理をするにあたって弁護士や司法書士に相談する際に、そのことを正直に伝えるべきです。その上で、どのような方法で債務整理をすればいいのか、専門家のアドバイスを仰ぐことが大事です。

詳細はこちらへ>>債務整理をする弁護士の評判 法律事務所の費用ランキング