債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

貸金業者の落とし穴と債務整理

債務整理に陥る人は、最初からそのような状況に陥るわけではありません。最初は例えば急な出費で持ち合わせがないとか、給料日まであと少しで資金がショートしてしまったなど、少し足りないお金を賄うために利用することが多いです。数万円程度の借入なので、「給料が入ってくればきちんと返済できる」と思って利用することが大半です。実際最初のうちはきちんと返済ができて、完済にも成功している利用者は多いです。

しかし貸金業者のサービスの中に、落とし穴があります。貸金業者では一定の利用限度枠を設け、その範囲内であれば自由に借り入れができます。最初は未知数なので、借入限度額は少なめに設定されます。ところがきちんと返済し続けていると信用力が増します。すると貸金業者では当初30万円だったのが50万円、70万円、100万円といった感じで限度枠を増やしていってくれます。このように利用限度額が増えると、ついつい借り過ぎるとかちょっとお金に困った段階で安易にサービスに手を出してしまいます。

しかも借入限度額の枠内であれば、完済出来ていなくても新たな借り入れができてしまいます。借りたり返済したりを繰り返していると、結局現時点で自分がいくら債務を抱えているかがわからなくなります。そしてある時新規借り入れしようと思ったら、限度額いっぱいでこれ以上借り入れできなくなるわけです。たとえば公務員や有名企業に勤めているサラリーマンであれば、信用力次第で100万円とか200万円の借入限度額が認められるケースもあります。限度額いっぱいということは100万円や200万円の借金があるということで、いかに大手企業のサラリーマンでも容易に返済できない金額でしょう。

最近のサービスはカードローンと言って、カードを使って借り入れをします。まるでATMにて自分の預金を下ろすような感覚で借り入れできるので、これも安易に借金をする理由になっているとされます。このような背景もあって、気が付いた時には処理しきれない債務になって、債務整理を行わざるを得なくなるわけです。