債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理をするラインを考える

債務整理を検討すべきかどうかですが、現在の返済状況で完済できる見込みがあるのかどうかがポイントです。たとえば月々きちんと返済しているけれども、そのほとんどが利息の支払いに充てられているのであれば、結局元金はほとんど減っていないことになります。となるといつまで返済をしても一向に完済できないわけです。

また返済を進めていると「再度借り入れできますけれども、お金にお困りではありませんか?」といった勧誘がなされます。返済することが優先と突っぱねることのできる人であればいいのですが、中にはこのような貸金業者の勧誘になびいてしまう人も少なくないようです。このような勧誘をきっぱりと断れる自信のない人もそのままにしているとアリ地獄にはまってしまう恐れがあります。このような人も債務整理を検討した方が良いと思います。

人によってケースバイケースなので、画一的に「こうなったら債務整理を」という明確な基準はありません。しかしサラリーマンの平均的な月収を20~30万円と仮定します。この場合借入先が3つくらいあって、債務の総額が300万円を超えているとなかなか自力で完済するのは難しい状況に陥っていると言わざるを得ません。月々5万円返済したとしても利息の支払いにほとんど消えてしまって、翌年には元金が増えているかもしれないからです。

いくら返済をしても元金が減らない、借金の完済時期が全く見えてこないというのであれば、一度弁護士もしくは司法書士に相談した方が良いと思います。特に複数から借り入れをしている人の中には、借金返済が自分の稼ぎではできなくなっているので他から借金をして返済に充てているパターンも見られます。このような自転車操業をしていても早晩破綻します。まただんだんと借入先が増えると、普通の貸金業者はお金を貸してくれなくなります。するとヤミ金に引っ掛かってしまうリスクも高まります。良いことは何もないので、自力で返済できなくなったら弁護士に早めに相談するのがおすすめです。

詳細はこちらへ>>大阪 債務整理

消費者金融からのお金の借り方

自分にあったキャッシングを選ぶ

ちょっとした入用に少額の融資を受けたいのならキャッシングがおすすめです。しかしキャッシングと一口に言っても多くの消費者金融から提供されており、それぞれに特色をもっているため、自分にあったキャッシングを選ばなくてはなりません。比較すべきは金利、融資額、審査基準、申込み方法、借入・返済方法、提携ATMの数、その他のサービスがあります。第一条件は、自分が持つ条件で審査に通過できる業者を見つけることですが、実際に借り入れを受ける場合の利便性も重要です。

申し込みから契約までの流れ

最近の主流はインターネット申し込みです。パソコンやスマートフォンから申し込めるので時間や場所に制限されません。また、申し込みのタイミングによっては即日融資も期待できるでしょう。ネット申し込みは審査から契約、そして借入・返済までWEB上で完結できるのが特徴で、カードレスでの利用ができます。また、夕方〜夜間に即日融資を受けたい人には無人契約機がおすすめです。インターネット申し込み後に無人契約で審査の確認から契約、カードの発行までその場で受けることもできます。

いざお金を借りてみよう

お金の借り方は、銀行振り込みまたはCDやATMからの引き出しになります。インターネット申し込みをしてWEB会員になっている方は、マイページから借入れ申し込みをすることで指定口座に入金してもらうことが可能です。キャッシングカードの発行を受け取っている場合はCDや提携先のATMから現金を引き出して借りることもできます。借入れ手段は多い方が利便性も広がるのでお得でしょう。キャッシングは利用限度額の範囲で利用できるので、返済をきちんと行うことで繰り返し借りることができます。

まとめ

消費者金融の融資契約の方法は多岐にわたり、また実際の借入方法もいくつか存在しています。上手く利用することによってスムーズな契約が可能となり、即日融資も夢ではありません。事前に各社の利便性をチェックして申し込みをきめましょう。

詳細はこちらへ>>消費者金融の比較ランキング|口コミ、評判などをチェック