債務整理、過払い金請求は
弁護士に相談

債務整理をするラインを考える

債務整理を検討すべきかどうかですが、現在の返済状況で完済できる見込みがあるのかどうかがポイントです。たとえば月々きちんと返済しているけれども、そのほとんどが利息の支払いに充てられているのであれば、結局元金はほとんど減っていないことになります。となるといつまで返済をしても一向に完済できないわけです。

また返済を進めていると「再度借り入れできますけれども、お金にお困りではありませんか?」といった勧誘がなされます。返済することが優先と突っぱねることのできる人であればいいのですが、中にはこのような貸金業者の勧誘になびいてしまう人も少なくないようです。このような勧誘をきっぱりと断れる自信のない人もそのままにしているとアリ地獄にはまってしまう恐れがあります。このような人も債務整理を検討した方が良いと思います。

人によってケースバイケースなので、画一的に「こうなったら債務整理を」という明確な基準はありません。しかしサラリーマンの平均的な月収を20~30万円と仮定します。この場合借入先が3つくらいあって、債務の総額が300万円を超えているとなかなか自力で完済するのは難しい状況に陥っていると言わざるを得ません。月々5万円返済したとしても利息の支払いにほとんど消えてしまって、翌年には元金が増えているかもしれないからです。

いくら返済をしても元金が減らない、借金の完済時期が全く見えてこないというのであれば、一度弁護士もしくは司法書士に相談した方が良いと思います。特に複数から借り入れをしている人の中には、借金返済が自分の稼ぎではできなくなっているので他から借金をして返済に充てているパターンも見られます。このような自転車操業をしていても早晩破綻します。まただんだんと借入先が増えると、普通の貸金業者はお金を貸してくれなくなります。するとヤミ金に引っ掛かってしまうリスクも高まります。良いことは何もないので、自力で返済できなくなったら弁護士に早めに相談するのがおすすめです。

詳細はこちらへ>>大阪 債務整理